京都市営地下鉄のアニメ列車「京まふ号」第2弾 「いなこん」「有頂天家族」など4作品でラッピング

印刷

   京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会と京都市は2014年3月3日から、京都を舞台にしたアニメ作品をめぐる協力・連携の一環として、アニメキャラクターで車内外をデコレーションしたアニメ列車「京まふ号」を、市営地下鉄・烏丸線で運行している。「京まふ」は京都国際マンガ・アニメフェアの"略称"。

車外には等身大キャラクターも

「京騒戯画」ラッピング個所
「京騒戯画」ラッピング個所

   13年7月から約2か月間運行されたラッピング列車の第2弾。

   今回デコレーションされているのは、1編成(6両)のうちの2両。京都を舞台とした「いなり、こんこん、恋いろは。」「有頂天家族」「京騒戯画(きょうそうぎが)」「劇場版 薄桜鬼(はくおうき)」の4作品をテーマに、車内外を装飾した。

   車窓やつり革、車内の壁に、アニメキャラクターなどを印刷したシートを張り付け、人気アニメ作品の世界感を演出。車外には、等身大キャラクターなどを印刷したシートが張り付けられている。

   5月末まで運行される予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中