重箱に「春」をぎゅっと詰め込んだ 開けたら香る「桜のアフタヌーンティー」 ホテル日航東京

印刷

   東京・台場のホテル日航東京は2014年3月16日から4月30日までの期間、ラウンジ&シャンパンバー「ベランダ」で、重箱にさくらの香り豊かなスイーツを詰め込んだ「さくらアフタヌンティー」を提供する。

和洋折衷のメニュー

「和」の雰囲気を楽しめる
「和」の雰囲気を楽しめる

   同店は日本紅茶協会認定の「おいしい紅茶の店」に選ばれており、シーズンごとに提案している、旬のフレッシュフルーツや食材を取り入れたアフタヌーンティーが好評だ。

   今回の「桜」をメインにした春限定のアフタヌーンティ―は、桜のようかんや桜のかしわもちなど和を代表するスイーツのほか、桜マカロンや桜モンブランなどさくらの風味が香るスイーツが重箱の上段に詰め込まれており、「和」の雰囲気を存分に楽しめる。

   下段の箱には桜海老のキッシュやよもぎパンのチキンサンドなどが盛られ和洋折衷が堪能できる。

   10時から17時までのティータイムでは、紅茶またはハーブティー、コーヒーが付いて平日は2800円(税別、以下同)。土日と祝日はさらにフレッシュフルーツティーがついて3100円。

   なお、17時から23時までのバータイムは、グラスシャンパーニュまたはシャンパーニュカクテルが付いて平日3800円、土日祝日4100円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中