スリムになったソニー4Kハンディカム 1.0型イメージセンサーで暗所でも高画質

印刷

   ソニーは2014年3月14日、手軽にフルハイビジョンの4倍という高精細な4K(3840×2160)/30p映像が撮影できるデジタル4Kビデオカメラレコーダー「ハンディカム FDR-AX100」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は22万円前後。

体積で約1/4、質量で約1/3に小型化

「ハンディカム FDR-AX100」
「ハンディカム FDR-AX100」

   現行機「FDR-AX1」と比べ、体積で約4分の1、質量で約3分の1に小型化。従来のハンディカムで採用しているCMOSイメージセンサーと比べて約4.9倍の受光面積を備えた1.0型、有効約1420万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載し、暗所でも低ノイズで高画質な撮影が行える。また、新開発の「ZEISS バリオ・ゾナー」Tレンズを採用し、最大広角29ミリ、最大12倍の光学ズームを可能にした。

   画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズエックス)」の高速処理能力により、「全画素超解像ズーム」(最大24倍)や「4K静止画出力」、フルハイビジョン対応のAVCHD動画とスマホなどへの共有・転送に便利なMP4動画の「同時ビデオ記録」といった新規機能も備える。

   サイズは幅90×高さ83.5×奥行き223.5ミリ、重量は約915グラム(いずれも付属バッテリー装着時)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中