2018年 7月 17日 (火)

洗濯物の広い干し幅に対応した除湿乾燥機

印刷
季節を問わず、洗濯物の部屋干しニーズに対応(写真は、「F‐YHKX120」)
季節を問わず、洗濯物の部屋干しニーズに対応(写真は、「F‐YHKX120」)

   パナソニックは、洗濯物の広い干し幅に対応した「ワイド送風」と衣類乾燥後も快適な湿度で運転する「カラッとキープ」搭載の除湿乾燥機「F‐YHKX120」(ハイブリッド方式)と「F‐YHKX120」(デシカント方式)の2機種を、2014年4月1日に発売する。

   新たに、雨の日などの湿度の高い環境でも衣類乾燥後の部屋の湿度を適湿(約55%)にキープして、衣類への湿気戻りも軽減する「カラッとキープ」を搭載。さらに、ハイブリッド方式で好評の幅広く干した洗濯物に対応した、送風幅約165センチメートルの「ワイド送風」をデシカント方式にも採用し、部屋干し時の部屋と衣類を快適にする。

   独自のハイブリッド方式で、梅雨時には約43分、冬季でも約59分と、1年中衣類乾燥スピード業界ナンバー1。

   色は、「F‐YHKX120」がシルバー、「F‐YHKX120」はホワイト。

   いずれも、オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中