2018年 5月 23日 (水)

高麗人参に含まれる希少な成分を配合した次世代エナジードリンク

印刷

   「ジンセノサイド」という高麗人参の主成分に特化して研究・開発を行っている韓国バイオ企業の日本の出先、ビーティージン・ジャパン(東京都渋谷区)は、そのジンセノサイドを配合したエナジードリンク「42.195km〈FORTYTWO〉」(フォーティツー)を2014年4月1日に発売した。

持久力の蓄積が期待できる

酵素の力で高麗人参の成分を生かす
酵素の力で高麗人参の成分を生かす

   本商品は一時的な気分の高まりを期待して飲まれている従来のエナジードリンクとは違い、持久力やエネルギーを蓄積することをコンセプトにした健康志向の製品。

   ジンセノサイドを30ミリグラム含有した炭酸飲料「42.195km〈FORTYTWO SILVER〉(フォーティツー シルバー)」250ミリリットルとジンセノサイドをたっぷり60ミリグラム配合し、持久力の蓄積を期待する「42.195km〈FORTYTWO POWER〉(フォーティツー パワー)」100ミリリットルの2種類を用意。

   価格がそれぞれ税別で219円と358円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中