【書評ウォッチ】つながりすぎず、イライラせず、言い訳せず いま必要なことは?

印刷

   心を平静に保つのが難しい時代なのかもしれない。若い僧侶が『しない生活』(小池龍之介著、幻冬舎新書)で、不安や不信感に惑わされずに自分をしっかり見つめようと勧めている。誰でも多数の人とインターネットで簡単につながれるはずなのに、こういう本が求められる。「つながりすぎない」「イライラしない」「言い訳しない」「せかさない」「比べない」が各章ごとのタイトル。これだけでも現代人に何が必要か、浮かんでくる。【2014年4月6日(日)の各紙からⅡ】

何か「する」より「しない」で心静かに

『しない生活』(小池龍之介著、幻冬舎新書)
『しない生活』(小池龍之介著、幻冬舎新書)

   スマホや携帯メールを一心に打つ人を街で見かけないことは、まずない。そんなに誰かといつもつながっていたいのかと言いたくなるけれど、若い世代を中心にこれはもう呼吸にも等しいことかもしれない。おかげで、人とのコミュニケーションが深まり、豊かで温かい結びつきが生まれているかというと、正確なところは知れないが、そうでもないらしい。少なくとも、不安や不快感にさいなまれる人がいっこうに減らない。

   本は、朝日新聞(東京本社発行版)に2年半にわたり連載されてきた「心を保つお稽古」から、煩悩の数にあわせたのか、108本を集めた。著者は1978年生まれ、東大教養学部卒のお坊さん。『もう、怒らない』(幻冬舎文庫)や『超訳 ブッダの言葉』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などの著書がある。

   『しない生活』では、ブッダの言葉にも触れながら、自分は「嫌われているのでは」「低く評価されたのでは」などの煩悩からの脱出を説く。情報が増えるほどに心は乱れる、立ち止まって自分の内面を丁寧に見つめる、何かを「する」のでなく内省により心を静める「しない」生活を稽古しようと提唱する。

   心や内省が重要という考え方は特に新しくもないが、具体策として「自分は何に怒りっぽいのかをチェックするとよい」「自分が老いて死ぬことを忘れている愚かさ」といわれれば、年代を超えて通じそうだ。情報に振り回されて、自分で自分を苦しめてはいけない。

   書評は朝日新聞に、評者無署名。

細部にこだわらず全体を見通せ

<もう一冊>『森を見る力』(橘川幸夫著、晶文社)は、デジタルメディアを研究する著者が情報社会で細部のデータにこだわらずに全体を見通す必要を力説する。

   「木を見て森を見ない」の言葉どおり、大局的な判断をできない人が増えたのか。政治家だけの問題ではなさそうだ。書評というより紹介が東京新聞に小さく。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中