2018年 7月 19日 (木)

オートパワー自転車用ライト…暗い場所でON、停止するとOFF

印刷

   ビーズ(東大阪市)は、同社の自転車ブランド、DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)から、点灯と消灯を自動で行う自転車用ライトを2014年4月に発売することを予定している。

「明るさセンサー」と「振動センサー」を内蔵

フロントライト(左)とリアライト
フロントライト(左)とリアライト

   夕暮れ時や夜間の無灯火走行は危険なうえ、短い距離であっても夜間走行時に点灯しないと道路交通法違反となる。また消灯し忘れて電池を無駄にすることもできる限り避けたいところだ。

   ビーズが発売を予定しているのは、フロントライトとリアライトがセットになった「インテリジェントセンサーLEDライトセットDLS141-BK」と、リアライト単品の「インテリジェントセンサーLEDリアライトDLS140-BK」。

   ライトはいずれも「明るさセンサー」と「振動センサー」の2つを内蔵。暗い場所で走り始めると自動で電源が入り、停止を感知して1分間経つと自動で電源が切れる仕組みになっている。フロントライトは「点灯」「点滅」の2モード。4灯からなるリアライトは「点灯」「全灯点滅」「ランダム点滅」「4灯点滅」「1灯点灯」の5モードに切り替えられる。

   価格はセット「DLS141-BK」が3000円(税別)、リアライト単品の「DLS140 -BK」が1400円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中