自販機で買える「おいしいカフェオレ」 180円の「プレミアム感」とは

印刷

   JR東日本ウォータービジネスは2014年4月11日、南日本酪農協同(宮崎県都城市)と共同開発した飲料「おいしいカフェオレ」を、JR東日本各駅構内の飲料自販機acure(アキュア)で発売した。

より付加価値の高い商品を販売

「おいしいカフェオレ」
「おいしいカフェオレ」

   北海道産牛乳を20%使用した「圧倒的な乳感とすっきりな飲みごこち」で、これまでの缶コーヒーやペットボトル飲料にはない、「贅沢なミルク感」が楽しめる。コーヒーの苦手な女性や子どもでも飲めるという。

   価格は、270g入りで180円と同容量のペットボトルより値がはるが、JR東日本ウォータービジネスは「4月1日からの消費増税により、お客様が価格に注目する今だからこそ、当社はエキナカを利用するお客様の『ほしい』を徹底的に追求。より付加価値の高い商品を販売し、価格以上の価値を提供します」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中