2022年 9月 25日 (日)

【書評ウォッチ】日本語は機能的で美しい 「世界語にも」と外国人作家が説く

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「日本語の美に対する新鮮な感覚」

   「日本語の美しさと普遍性について、驚くべき説得力」「日本語の美に対する新鮮な感覚を呼び起こしてくれる」と、毎日新聞の評者・沼野充義さん。書評は朝日新聞にも、こちらの評者は隈研吾さん。

<もう一冊>この著者もとり上げた松尾芭蕉。彼の名作をRPGに見立ててひも解く『本当はこんなに面白いおくのほそ道』(安田登著、じっぴコンパクト新書)が読売新聞に。

   芭蕉のトークに導かれて、門人たちは実際には行ったことのない東北を心で旅したという。詩人の魂や四季の景色が「怪物」の代役。物語と現実の風土をいっしょに味わえる。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!