「快特」はれば傷もすぐ治る 人気の京急電車がばんそうこうに

印刷

   東京都心部と羽田空港、神奈川県横浜市や川崎市を結ぶ京急線沿線で、駅売店の運営などをおこなっている京急ステーションコマースは、「けいきゅうトレイン絆創膏 赤箱・青箱」を2014年4月16日から、一部で先行する形で販売をはじめた。計4000個の限定販売。

傷口をかわいらしく保護

けいきゅうトレイン絆創膏 赤箱と青箱
けいきゅうトレイン絆創膏 赤箱と青箱

   人気の京急電車をデフォルメしてばんそうこうにデザインした。本線などの「快特」で使用されている2100形、2000形、新1000形ステンレス車、青塗装があった600形、資材運搬用デト11の全5種。

   赤箱と青箱でそれぞれ違ったデザインのものをパッケージしている。

   4月16日からは、鮫洲駅構内のグッズショップ「おとどけいきゅう」鮫洲店、京急ステーションストア北久里浜店で先行して発売。1週間後の23日から、セブンイレブン京急ST店や京急ステーションストア(いずれも一部店舗を除く)で販売をはじめ、「おとどけいきゅう」のインターネット通信販売も同日スタートする予定。各種イベント会場などでも販売が計画されている。

   赤・青ともに1箱3シート15枚入りで350円(税込み)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中