「うどん県」の新たな名物誕生 さぬきうどんカツバーガー 津田の松原SA

印刷

   穴吹エンタープライズ(高松市)の運営する高松自動車道・津田の松原サービスエリア(上下線)で2014年4月20日から「さぬきうどんカツバーガー」を販売する。

ピリ辛しょうゆダレとチーズが絶妙にマッチ

ここでしか食べられない香川の味
ここでしか食べられない香川の味

   同サービスエリアのベーカリーコーナーで土日祝限定で販売していた「さぬきうどんバーガー」が3周年を迎え、販売数が5万個を達成したことを記念して作られた。

   バンズに挟むのは油揚げにくるんだ焼きうどんのフライ。チーズをトッピングしてラー油入りのピリ辛しょうゆダレと東かがわ市にある有名醤油店「かめびし屋」のソイソルトが添えられており、バンズとともに頬張れば香川県の名産を一度に楽しむことができる。

   「カツバーガー」は平日も販売される。時間は午前9時から。注文を受けてから一つ一つ手作りされる。価格は450円(税込)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中