2018年 7月 17日 (火)

若者はサーモン好き、年配はイカ好き 好きな寿司ネタの世代間ギャップ明らかに

印刷

   20~30代の好きな寿司ネタは「サーモン」――サントリーは2014年4月24日、日本人の「和食」に関する調査結果を公表した。

「好きな和食」1位はお寿司


   調査は、"和食専用の生ビール"「サントリー 和膳」の特設サイト「和食通信」オープンにあたり実施されたもの。それによると、日本人の97%が和食好きで、「好きな和食」および「最後の晩餐で食べたい和食」1位はお寿司だった。

   そこで好きな寿司ネタをきいたところ、総合1位は62.5%の支持を集めた「赤身(マグロ)」に。2位にトロ(マグロ/大トロ、中トロ含む)、3位にサーモンと続く結果になった。ただ、好みは年代によってかなりバラつきがあり、たとえば「サーモン」は20代、30代ではトップにたったが、50代、60代では伸び悩んだ。逆に、20代では支持率30%以下と人気の低かった「イカ」は、40代以上には50%以上の支持を集めていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中