2018年 7月 19日 (木)

厚さ9ミリ、重さ29グラムの超小型外付けSSD

印刷
アルミニウム製のエンクロージャー(筐体)
アルミニウム製のエンクロージャー(筐体)

   三菱化学メディアグループのフリーコム・テクノロジーズ(東京都千代田区)は2014年5月14日から、厚さ9ミリ、重さ29グラムと小型で軽量な外付けSSD(ソリッドステートドライブ)「Freecom mSSD USB3.0」を販売している。

   このサイズで256ギガバイトと大容量を持つ。SSDの特長である耐衝撃性やデータ転送速度の速さ(読み込みは秒速420メガバイト、書き込みは秒速340メガバイト)は健在だ。

   USB3.0、2.0どちらの環境でも使用できる。

   価格はオープン(2014年5月14日時点で、Amazonでは2万4980円)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中