2018年 7月 23日 (月)

つけてよし、まぜてよし、のっけてよし! 昆布だしが隠し味のごはんのお供「佃煮屋さんの のっけ飯」

印刷

   香川県小豆島町の佃煮メーカー、タケサンフーズは2014年5月から、昆布だし仕込みのご飯のお供「佃煮屋さんの のっけ飯(めし)」4種を販売している。

貝柱、しそ昆布ちりめん、生姜かつお、鶏の4種

「佃煮屋さんの のっけ飯」
「佃煮屋さんの のっけ飯」

   「昆布佃煮」を製造する際に副産物としてとれる、旨みが凝縮された昆布だしを活用。ジュレ状に固まっているため、ごはんの上にのせるのはもちろん温野菜につけたり、おにぎりに混ぜ込んだり、酢の物と一緒に和えたりなど様々な使い方ができる。

   「貝柱(90グラム)」「しそ昆布ちりめん(100グラム)」「生姜かつお(95グラム)」「鶏(100グラム)」の4種があり、価格はどれも346円。

   佃煮や醤油などの通信販売をしている「一徳庵」より購入できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中