2021年 1月 16日 (土)

【書評ウォッチ】集団的自衛権に傾斜を批判 第一次安倍政権の防衛官僚が発言の一冊

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

両極論だけでなく広く議論を

   「貪欲な中国から自分を守るためだ」「戦争を好むのか」の両極論は、どちらにせよ分かりやすいが、実際の防衛論議にはきめ細かい検証がもっと深く、具体的になされなければ。今のムードや内閣支持率だけで安易に突進されては、あまりに危ない。

   「今後の国民的議論のために、必読の一冊である」と、朝日新聞の評者・杉田敦さん。こういう本自体は歓迎できる。与党内ばかりでなく、議論を広く進めよう。

   安全保障に関してはもちろん、別の立場からの本もいっぱいある。『日本人が知らない安全保障学』(潮匡人著、中公新書クラレ)も元自衛官が書いた。こちらは武力の必要を力説。自民党の石破幹事長が「平和憲法では日本を守れない」と、本の帯に登場し薦めている。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!