ホンダ新コンセプトの大型バイク第2弾 リアユーティリティーボックス搭載の「NM4-02」

印刷

   ホンダは2014年6月10日、存在感のある独自のスタイリングと、新感覚の乗り心地を追求した大型バイク「NM4」の第2弾モデルとして、ボリューム感のあるリアデザインを採用しETC車載器などの充実装備を施した「NM4-02」を発売する。

ETC車載器も標準装備

NM4-02(パールグレアホワイト)
NM4-02(パールグレアホワイト)

   4月発売の「NM4-01」と同様、スタイリングのテーマを「フロントマッシブスタイリング」と「コックピットポジション」に設定。リアデザインでは、「NM4-01」がテールカウルを絞り込むことでフロントマッシブスタイリングを強調しているのに対して、「NM4-02」はリア回りにもボリューム感を持たせたスタイリングになっている。

   この迫力あるリアビューを構成するボディーは、デザイン性のみならず実用性も考慮し、小物の収納が可能なユーティリティーボックスを搭載。左右それぞれ約7.5リットルの容量を確保している。また、LEDのウインカーランプをビルトインし、NM4-02独自のスタイリングを形成した。

   ツーリングなどで利便性の高いETC車載器と、5段階の温度調節が可能なグリップヒーターも装備する。ボディーカラーは、マットバリスティックブラックメタリックとパールグレアホワイトの2種類。

   メーカー希望小売価格は116万1000円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中