描いたイラストが動き出す!? ARアプリ「KakutoAR」

印刷

   ぺんてるは2014年6月2日から、専用カードにサインペンなどで書きこんで、スマホやタブレットでかざすと書いた通りに動き出すAR(拡張現実)の技術を使ったアプリ「KakutoAR(カクトAR)」を配信している。

   ワールドカップ(W杯)に合わせてサッカーを舞台にした基となるイラストがあり、そこに書きこんだものがCGアニメーションとして動き出すという仕組みだ。専用の認識カードは、東京・銀座に期間限定でオープンしたラクガキできるカフェバー「GINZA RAKUGAKI Cafe&Bar by Pentel」でコースターとして提供されている。

   アプリは無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中