「とりあえず」の一杯目からいける「ほろにがいチューハイ」

印刷

   キリンビールは、「キリンチューハイ ビターズ ほろにがレモンライム/ほろにがグレープフルーツ/スパイシージンジャー」3種を2014年6月10日から全国で発売する。"ビターリキュール"を使用した、果皮のほろにがい味わいを楽しむ「大人のビターチューハイ」だ。

「ビールのように一杯目からいける」

「キリンチューハイ ビターズ ほろにがレモンライム/ほろにがグレープフルーツ/スパイシージンジャー」
「キリンチューハイ ビターズ ほろにがレモンライム/ほろにがグレープフルーツ/スパイシージンジャー」

   近年、チューハイのストロング系RTD市場は拡大中だが、同社の調査によると"今までのチューハイは甘すぎる"など、味わいに対してユーザーが心から満足していない現状があった。それをもとに、"ビター""ほろにがい"という新しい味わいの軸に着目し、"ビターチューハイ"という新カテゴリーを創造するべく開発されたのが、「キリンチューハイ ビターズ」だ。

   「ビールのように一杯目からいける」というのがコンセプト。同日からテレビCMのオンエアも、「とりあえずビール!」を「とりあえずチューハイ!」に変えるべく、社内で勃発した「チューハイ事業部の謀反」に「ビール事業部」が動揺する――という内容になっている。キリン社内を舞台に、遠藤憲一さん、濱田岳さんが社員を演じている。

   品種はそれぞれ350ml缶、500ml缶。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中