2018年 7月 21日 (土)

「ボール電球形100W形相当」のLED電球 ラインアップ強化で置き換え推進

印刷
白熱ボール電球と同等のサイズなので、簡単に置き換えられる
白熱ボール電球と同等のサイズなので、簡単に置き換えられる

   東芝ライテックは、「E‐CORE(イー・コア)」LED電球シリーズに、「ボール電球形100W形相当(電球色)」をラインアップ、2014年6月16日に発売する。

   これにより、明るさ表示別のG形(ボール電球形)は、60W形相当・100W形相当のラインアップとなる。

   消費電力13Wで、電球100W形相当の明るさを実現。ランプ効率は業界トップクラスを達成した。また、消費電力は白熱ボール電球と比べて約86%削減できる。

   白熱ボール電球と同等のサイズのため、従来器具の使用イメージを損なわずに、簡単に置き換えられるので便利。エレベータホールなどの公共スペースやダイニングなど、明るさの求められる場所での使用にオススメという。

   希望小売価格は、6200円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中