2020年 7月 14日 (火)

【BOOKウオッチ】
株で成功する人が守り続けるルールとは

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   NISA(少額投資非課税制度)が導入されて初の株主総会シーズンがやってきた。個人投資家を意識して、ネット中継に踏み切る会社や、新たに株主優待を採用したという会社もある。では、参加する初心者投資家たちはどのような気持ちで臨むのか。ゼロから勉強したい、という人に向けてユニークな株入門書を集めた。

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

将来は大富豪? それとも有名作家?

バフェットとグレアムとぼく
バフェットとグレアムとぼく

『バフェットとグレアムとぼく インドの13歳少年が書いた投資入門』

   お金がお金を生む、なんだか複雑で難しそうな投資の世界。足を踏み入れるのにちゅうちょする大人も多いというのに、インドでは13歳の少年がいとも鮮やかに解説してみせる。阪急コミュニケーションズの『バフェットとグレアムとぼく インドの13歳少年が書いた投資入門』(著・アリャマン・ダルミア 、訳・前田俊一、1512円)がそれだ。長期に渡って高い運用成績を上げ、伝説的人物となったアメリカの有名投資家ウォーレン・バフェット氏と、その師匠であるベンジャミン・グレアム氏による難解な書物を読破し、家族らと投資の心構えについて議論した内容が、平易な言葉づかいで200ページにまとめられている。算術の得意なお国柄はさておき、父親と叔父は投資家だという。幼いころからお金の話を聞かされてきたに違いない。数年後は大富豪か、それとも作家か、少年の今後も気になる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!