2020年 1月 19日 (日)

【書評ウォッチ】「給料は学歴より住所で決まる」 日本にもドンピシャリの指摘

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   どこに行ったら高収入を得られるかという、えらくゲンキンな研究が一冊にまとまった。『年収は「住むところ」で決まる』(エンリコ・モレッティ著、プレジデント社)にはドライすぎるとの批判も出そうだが、極めて現実的な話でもある。ハイテク・イノベーション産業は製造業の3倍の雇用を生むとの分析。そうした街のほうが、給料は高く、死亡率や離婚率は低いというのだ。「給料は学歴より住所で決まる」だって? 極論だと片づけるわけにはいかない説得力で語りかけてくる。【2014年6月15日(日)の各紙からⅠ】

イノベーション産業はサービス業の職場も生む

『年収は「住むところ」で決まる』(エンリコ・モレッティ著、プレジデント社)
『年収は「住むところ」で決まる』(エンリコ・モレッティ著、プレジデント社)

   活気にあふれて「浮かぶ都市」と、さびれて「沈む都市」。アメリカで両極端に分かれた例を、本はとりあげる。

   かつて製造業で栄えたデトロイトは20年以上も人口流出に悩む。一方、シアトルやオースティンは雇用増、投資拡大が続く。IT産業のイノベーション・技術革新が新たなハイテク企業や他の産業を引きつけ、その活況はサービス業にまでおよんでいる。

   シアトルにマイクロソフト社がやってきてから、アマゾンのようなIT関連産業だけでなく、スターバックスもここから。イノベーション産業によって生み出されるサービス業の職場は製造業による場合の3倍もあるそうだ。イノベーション系の仕事1件に対し、地元のサービス業の雇用が5件増えると、著者は語る。

   「浮かぶ都市の高卒者は、沈む都市の大卒者より給料が高い」とも。また、製造業が低賃金の労働力を求めて他国へ出ていくのに、イノベーション産業は安直に動かないという。このへんは日本も参考にできる。いや、ドンピシャリあてはまるセオリーではないか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!