2021年 8月 3日 (火)

【BOOKウオッチ】
ペット、家族、自己犠牲… 大人が涙を流すスイッチとは

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

切腹まで残された日々 武士のプライドが試される

蜩ノ記
蜩ノ記

『蜩ノ記』

   他者のために自己犠牲に徹する。その姿に、人は不思議と心を打たれてしまう。祥伝社の『蜩ノ記』(著・葉室麟、1728円)は、江戸時代、九州大分のとある藩を舞台にした物語だ。3年後には切腹する運命にある男・戸田秋谷は、藩の歴史を編さんするという命令に従いながら、淡々と過ごしていた。監視役として派遣された檀野庄三郎は、秋谷の清廉な人柄に触れるうち、罪を犯したとされる7年前の事件に疑問を持つようになり、その真相に迫る。10年後の切腹という設定が巧みである。人生全体からすれば短いが、死だけと向き合うには緩慢に流れていく時間。主人公の心の揺らぎを想像すると感慨深い。死を恐れず、家族や農民を思う、武士の矜持が細やかに描かれている。直木賞受賞作。10月には、役所広司と岡田准一をメインキャストに据えた同名映画が公開予定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!