「SASUKE」が体験できるアスレチックテーマパーク 夏限定オープン

印刷

   総合リース・レンタル業の日建リース工業は2014年7月19日、TBSテレビの人気番組「SASUKE」のエリアを一般向けに再現した体験型アスレチックテーマパーク「SASUKE PARK in 豊洲」をオープンする。

「SASUKE TOWER」を約15メートルの高さで再現

「そり立つ壁」(イメージ)
「そり立つ壁」(イメージ)

   広さ約1万4000平方メートルの新豊洲特設会場(東京都江東区)に登場する「SASUKE PARK in 豊洲」では、一番の目玉として、「SASUKE」の象徴とも言える「SASUKE TOWER」を約15メートルの高さで再現。ほかにも、奥行き3センチしかない突起にぶら下がりながら横に進んでいく「アルティメットクリフハンガー」や、平行な2本のレールにかけたパイプにぶら下がり、腕力と全身の体重移動で進む「パイプスライダー」、「そり立つ壁」など、「SASUKE」の名物エリアが多数用意されている。

   難易度が違う全9つのコースに、約20ものエリアが設置されており、大人や子ども、女性でも自分のレベルに合わせて遊ぶことができる。また、限定オリジナルグッズの販売やステージイベントの開催、フードブースの併設など、1日中楽しめるよう趣向を凝らした。

   8月31日までの期間限定。

   料金は、1日フリーパスチケットの前売券が大人4400円、子ども3400円(当日券は400円増し)。入場券のみ、1コース単品購入チケットもある。公式ホームページ、CNプレイガイド、全国のセブン-イレブン店舗で取り扱う。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中