2021年 3月 1日 (月)

【書評ウォッチ】ライト感覚のふるさと作り 都会と田舎を行き来して

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

里山で原価0円の豊かさを

   都会を漂流するひ弱な若者たちが目立つ現代に、こういうやり方・考え方はどうだと問いかける点が貴重だ。「小さなお金で満足できれば、フルサトは誰でもつくりだせる」と、朝日新聞の評者・建築家の隈研吾さんは読み解いている。

<もう一冊>『里山を食いものにしよう』(和田芳治著、阪急コミュニケーションズ)が読売新聞に。刺激的な書名だが、自然を食いつぶしてやれというのではない。

   里山を利用して「原価0円」で暮らしを豊かにするという、その実践例を広島から。評者は漁業経済学者の濱田武士さん。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!