ミニストップが「マンガ肉」発売 食べ応えある"二層構造"を採用

印刷

   ミニストップは2014年7月25日から、「骨付き原始肉風 ハンマーチキン」を数量限定で順次発売している。価格は240円。

中は骨付きもも肉、外は粗引きの鶏肉

「骨付き原始肉風 ハンマーチキン」
「骨付き原始肉風 ハンマーチキン」

   テレビゲームやマンガなどでおなじみの"原始肉"をイメージした骨付きチキンが夏限定で登場。食べ応え感を出しつつ、原始肉のイメージに近づけるために何度も試作を重ねた結果、中は骨付きもも肉、外は粗引きの鶏肉という二層構造を採用し、商品化に至った。

   肉感とジューシー感を保った鶏の骨付きもも肉を、鶏皮などを入れた鶏の挽き肉で全体を包み込み、その後1本1本丁寧に炭火で焼き、適度の焦げ目を付けることで原始肉風に仕上げている。鶏肉のうまみと、ブラックペッパーやにんにく、香辛料などのスパイスが凝縮された、インパクトのある味わいが特長。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中