2021年 9月 25日 (土)

【BOOKウォッチ】
明日、同僚が外国人になっていたら?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

心の筋トレ実践編

日本語が通じない店も
日本語が通じない店も
『世界一周ひとりメシ in JAPAN』

   外国人を自宅へ招く前に、幻冬舎の『世界一周ひとりメシ in JAPAN』(著・イシコ、648円)のように、各国の料理店を1人で巡ってみるのもアリだ。客と店員は、食事をしている間だけの"ライトなお付き合い"。1人で行くところがミソで、度胸とコミュニケーション力を試せる。ドアを開ければそこは異国。著者はまさかの人見知りで、席を選ぶのも、注文するのも躊躇してしまう。店員と目が合っては、気まずくなってシドロモドロする姿がおかしい。名古屋にありながら日本語が通じない中国料理店では、蚕の素揚げと犬肉の火鍋に悪戦苦闘。注文を後悔しながら黙ってビールを何杯も飲み続ける。ひとりごとのように語られる各国の歴史やデータ。そこまで知っているのに、著者の会話はいまいち盛り上がらない。このウンチク、実際に役立てられるかは読者次第だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!