SL列車で食べる「汽車弁」 秩父鉄道、埼玉の県立高とコラボ

印刷

   秩父鉄道は2014年8月1日から、埼玉県立秩父農工科学高等学校(秩父市)とコラボレーションした弁当「汽車弁」をSL列車「パレオエクスプレス」の車内限定で販売している。

秩父の食材をふんだんに使用

「汽車弁」
「汽車弁」

   「パレオエクスプレス」は蒸気機関車が牽引して、土日祝日を中心に秩父鉄道の熊谷駅から三峰口駅までを1日1往復する臨時列車。

   この車内で提供される「汽車弁」は、同高校フードデザイン科の生徒が考案した、秩父の食材をふんだんに使用したレシピをもとに、懐石料理「粋心亭 あじ岬」(埼玉県横瀬町)が製造する。豚肉の味噌漬、ちちぶきゅうり浅漬け、ちちぶ夏野菜チーズ焼きのほか、秩父名物「みそポテト」などを盛り込んだ。

   価格は1200円。1日100食限定の完全予約制で、乗車日の3日前までに電話(秩鉄商事048-525-2283、平日午前9時~午後5時)での申し込みが必要。

   8月31日までの期間限定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中