ロぺとアキラ先輩としりとり 音声確認機能を搭載した新型ぬいぐるみ

印刷

   タカラトミーは、音声認識機能搭載でしりとりができるしゃべるぬいぐるみ「しりとりロペ」 と「しりとりアキラ先輩」を、2014年8月9日に発売する。

300種以上の単語、約50種のセリフを収録

ロぺは食べ物、アキラ先輩は生き物の名前でしりとり
ロぺは食べ物、アキラ先輩は生き物の名前でしりとり

   幅広い年齢層に人気のショートアニメーション「紙兎ロペ」にでる、ウサギの「ロペ」とリスの「アキラ先輩」が繰り広げるゆるくてシュールな会話をしりとり遊びができるぬいぐるみで再現したもの。「ロペ」は食べ物の名前、「アキラ先輩」は生き物の名前に対応し、各300種以上の単語、約50種のセリフを収録している。

   電源を入れると「おー、なんかヒマだし、生き物しりとりやんねー?」(しりとりアキラ先輩)とぬいぐるみがしゃべり出し、しりとりが始まります。ぬいぐるみに言葉を発するときには、ぬいぐるみの左手のスイッチを押してから話す。1度出た言葉を2度言ってしまった時や、答えられずに30秒以上経ってしまったり、「ん」で終わる言葉を言ってしまうと、ぬいぐるみが対応したコメントで勝敗を教えてくれる。

   希望小売価格はそれぞれ3480円(税抜)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中