「ぬい撮り」がひそかなブーム 旅先でもぬいぐるみと一緒

印刷

   「ぬい撮り」という言葉をご存じだろうか。SNSのMIXIでも1000人以上のメンバーがいるコミュニティがつくられるなど、ネット上でブームになっている。

   「ぬいどり」と音できくと裁縫の一種か何かと思ってしまいそうだが、「ぬいぐるみと一緒に写真を撮る」ことを指している。ネット上で「ぬい撮り」と検索してみると、「今流行りのぬいどりってのをしてみた」「なんか、旅先の写真をぬいぐるみと撮るのが流行ってるの?」「母が、今流行りのぬいどりって言って画像寄越したんだけど」といった発言や、ぬいぐるみをフレームに入れて旅行先や風景を撮った写真がたくさん出てくる。

「警備の人に不審物を持っていると思われた」苦労も

「ぬいぐるみと一緒に写真を撮る」ぬい撮りが流行中
「ぬいぐるみと一緒に写真を撮る」ぬい撮りが流行中

   このぬい撮りを3年ほど前から楽しんでいるという東京都内在住の30代女性会社員は、はじめたきっかけをこう話す。

「友人がある日『(私に)そっくりだから買った。あげる』と人形をくれて、その時は「ああ、どーもー」ぐらいな扱いでしたが、途中からスイッチが入ってかわいがるようになりました。持ち運びに便利な手のひらサイズだったので、夜のナイターへ連れ出して写メールしたんです。そしたら人形が野球を見て応援しているみたいな絵になり『これ可愛いな…』と」

   このところ、NHKの朝の情報番組「朝イチ」(2014年7月25日放送)で紹介されるなど、広く知られるようになった「ぬい撮り」だったが、始めたころは苦労もあったという。

「警備の人に不審物を持っていると思われたことあります。『人形です』と答えると『あー』…微妙な空気に。『今日、痛いやつがいた』『変な人がいた』 と思われたに違いない…」

「旅に出てぬい撮りとかしたい」

   こうした苦労も乗り越え、この女性は現在、国内外、どこへでもぬいぐるみを連れて行き、自分の部屋でもレストランでも撮影を楽しんでいる。

「写真を撮るためにぬいぐるみを持ち歩いているわけではなくて、子どもがお気に入りの人形もっているのと同じです。ただ風景や物、食べたものを撮るよりも、ちらちらと人形が入っているほうがストーリーが生まれて後から見直しても楽しいんです」

   SNSで共有している人も多いが、女性の場合は「一切していません」という。

「写メールしていると、よく「ブログやってるのですか?」と聞かれますが。後で見て『へへー可愛いなぁ…』と。完全な自己満足」

   ツイッター上では楽しそうと興味を寄せる人が多く、夏休みの思い出づくりのために「ぬい撮りデビューしたくてたまらなくなっている旅行前日。連れて行っちゃうか?行っちゃうのか?」「旅に出てぬい撮りとかしたい」と、やってみたいという声も多い。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中