2019年 5月 23日 (木)

「シボレー キャプティバ」に特別仕様車 鮮やかな赤を配した室内空間

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年8月30日、ミッドサイズSUV「シボレー キャプティバ」の特別仕様車「シボレー キャプティバ アクティブ レッド」を計30台限定で発売する。メーカー希望小売価格は379万円。

ケンウッド製ナビやリアエンターテイメントなどを特別装備

「シボレー キャプティバ アクティブ レッド」
「シボレー キャプティバ アクティブ レッド」

   「シボレー キャプティバ」は、中央にボウタイ・エンブレムを持つ大胆なデュアルポートグリルと19インチアルミホイールを採用した力強いスタイルが特徴。7人乗りシート(2?3?2の3列シート配置)と2.4リットル4気筒レギュラーガソリンエンジンを取り入れている。

   特別仕様車では、レッドのアクセントがきいたよりスタイリッシュなシートに、サミットホワイト(20台)または特別色「スモーキー アイグレー メタリック」(10台)のボディーカラーというスポーティーなコンビネーションを設定した。特別装備として、音楽再生などのワイヤレス操作が行えるWi-Fi接続機能、スマートフォン連携、音声入力などが利用可能なケンウッド製リアビューカメラ付きナビゲーションシステムや、プラズマクラスターイオン発生ユニット、10.2型LEDディスプレー搭載のアルパイン製リアエンターテイメントなどを備える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中