ミリ波レーダーを全車に搭載、VW新型「ポロ」 "クラスをリードする安全性"実現

印刷

   フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年8月25日、コンパクトハッチバックの新型「ポロ」を発売した。

   ラインアップは「ポロ TSI コンフォートライン」と「ポロ TSI コンフォートライン アップグレードパッケージ」の2モデルで、全国希望小売価格はそれぞれ223万9000円、249万5000円。

燃費は5%向上し「22.2km/L」に

新型「ポロ」
新型「ポロ」

   新型「ポロ」では、全長3995×全幅1685×全高1460ミリというコンパクトなサイズやデザインなど、先代「ポロ」の好評点は継承しつつ、安全性、快適性、環境性能をさらに向上させた。

   ミリ波レーダーで前方車両を検知しながら、衝突の危険を警告したり、衝突の軽減や回避を行ったりするプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシストプラス」や、2次衝突を防ぐ「マルチコリジョンブレーキシステム」、ドライバー疲労検知システムなどを全車に標準装備し、"クラスをリードする安全性"を実現した。

   新設計の1.2リッターTSIエンジンは、軽量コンパクトとなり燃費も向上。最高出力90馬力、最大トルク160ニュートンメートルを発生し、乾式デュアルクラッチを搭載したオートマチック7速DSGとの組み合わせにより、発進からスムーズで力強い加速が得られるという。燃費は1リットルあたり22.2キロ(JC08モード)と、先代から約5パーセント向上した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中