2020年 9月 19日 (土)

【BOOKウォッチ】
アメリカに「小さな家」ブーム到来 日本のノウハウ参考にして

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   リーマンショック以降、アメリカでは簡素なライフスタイルに注目が集まっている。「タイニー・ハウス(小さな家)」は、地球にも財布にもやさしいと好評だ。一時は「うさぎ小屋」と揶揄されてきた狭小住宅大国・日本から見れば当然のことなのだが、彼らにとっては新たな価値の創出だったようだ。

J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」http//:books.j-cast.com/でも特集記事を公開中

狭小空間にこそ無限の宇宙が広がる

二畳で豊かに住む
二畳で豊かに住む

『二畳で豊かに住む』

   「病床六尺、これが我世界である」とは、正岡子規の言葉。夏目漱石は畳2枚の上に男2人で暮らす時代があった。建築史家が文豪の残した文章や現存する建物を訪ね、狭い部屋でいかに豊かな精神世界を育んでいったのかを探るユニークな本が、集英社の『二畳で豊かに住む』(著・西和夫、778円)だ。岩手県花巻市に山小屋を建てて住んだ高村光太郎や、「三畳御殿」で客をもてなした内田百閒も登場する。彼らの多くは病気や貧困、戦後の混乱でやむを得ず小さな家に暮らしたのだが、そういえば建築界の巨匠として有名なル・コルビュジエは、8畳ほどの素ぼくな小屋を好み、そこで最期を迎えたという。小さな家には、人をクリエーティブにさせる秘密の力が潜んでいるのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!