京都市営地下鉄「東西線」でも“アニメ列車”運行 「甘ブリ」「名探偵コナン」など4作品で装飾

印刷

   京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会と京都市は2014年9月1日から、アニメキャラクターで車内外をデコレーションしたアニメ列車「京まふ号」を、市営地下鉄・東西線で運行している。「京まふ」は京都国際マンガ・アニメフェアの“略称”。

烏丸線とのダブル運行

(C)鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会2015
(C)鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会2015 (C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996
(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

   3年目を迎えた「京まふ」は、西日本最大規模のマンガ・アニメの総合見本市で、14年は9月20日~21日に京都市勧業館「みやこめっせ」などで開催される。

   今回、「京まふ2014」に出展する「甘城ブリリアントパーク」「神様はじめました◎」「名探偵コナン」「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」の4作品のアニメキャラクターを使用して、東西線の車体を装飾。同イベントの開催をPRする。実施車両は1編成(6車両)のうち2両。運行は10月下旬まで。

   また、烏丸線では、「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」「神々の悪戯(あそび)」「ソードアート・オンラインII」「弱虫ペダル」に登場するキャラクターを使用したアニメ列車がすでに運行中。こちらは10月中旬まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中