2018年 6月 22日 (金)

森永乳業とタニタ食堂が共同開発 低カロリーなのにおいしい「デザートかぼちゃプリン」発売

印刷
カロリーを気にせずに美味しさと満足感を
カロリーを気にせずに美味しさと満足感を

   森永乳業(東京都港区)は、タニタ食堂でお馴染みのタニタ(東京都板橋区)と共同開発した「タニタ食堂(R)の100kcalデザートかぼちゃプリン」を2014年9月2日に発売した。

   このプリンは健康計測機器メーカー・タニタの監修のもと、通常のプリンの3~5割脂肪分を抑え1個85gあたり100kcalにカロリーカットした製品になっている。人工甘味料は使用せず、北海道産のかぼちゃにシナモンやメープルシロップを加えて自然な甘さに仕上げている。

   健康意識の高まりによって、脂肪を抑えた商品が女性を中心に求められている昨今、ライトだけどコクがあり、美味しさと満足感にこだわった商品を目指して製品開発した。希望小売価格120円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中