2018年 7月 24日 (火)

置くだけでリアルサラウンドを実現 ヤマハ初のサウンドステージ発売

印刷

   ヤマハミュージックジャパン(東京都港区)は、薄型テレビの下に置くだけで使えるTVサラウンドシステム『SRT-1000』を2014年9月上旬から全国で発売する。

設置するだけでテレビの音質や迫力がアップ

スタイリッシュなデザインも魅力
スタイリッシュなデザインも魅力

   『SRT-1000』はヤマハ独自のデジタル・サウンド・プロジェクター技術を採用し、視聴者の位置に関係なく臨場感ある高音質を楽しめる。ステレオまたは5プログラムのサラウンドモードを選択可能。8個のビームスピーカーと2個の内臓サブウーファー、フルレンジL/Rスピーカーによりさらに音質が高まった。

   Bluetooth(R)にも対応しており、手軽なワイヤレス操作でスマートフォンなどの音楽コンテンツが聞ける。その他、セリフなどが聴き取りやすいクリアボイスやテレビのリモコンで操作できる機能なども搭載されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中