置くだけでリアルサラウンドを実現 ヤマハ初のサウンドステージ発売

印刷

   ヤマハミュージックジャパン(東京都港区)は、薄型テレビの下に置くだけで使えるTVサラウンドシステム『SRT-1000』を2014年9月上旬から全国で発売する。

設置するだけでテレビの音質や迫力がアップ

スタイリッシュなデザインも魅力
スタイリッシュなデザインも魅力

   『SRT-1000』はヤマハ独自のデジタル・サウンド・プロジェクター技術を採用し、視聴者の位置に関係なく臨場感ある高音質を楽しめる。ステレオまたは5プログラムのサラウンドモードを選択可能。8個のビームスピーカーと2個の内臓サブウーファー、フルレンジL/Rスピーカーによりさらに音質が高まった。

   Bluetooth(R)にも対応しており、手軽なワイヤレス操作でスマートフォンなどの音楽コンテンツが聞ける。その他、セリフなどが聴き取りやすいクリアボイスやテレビのリモコンで操作できる機能なども搭載されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中