真空状態にして酸化を防ぐワインセーバー

印刷
小型・軽量・静音
小型・軽量・静音

   自動車部品の製造・販売などを手掛けるデンソーは、2014年9月3日、ワインを真空状態にして酸化を防ぐワインセーバーを発売した。

   付属の栓をボトルに差し込み、本体を栓の上をかぶせると自動的に内蔵のポンプが作動し、真空化を開始。上ぶたについているLEDライトで進捗を確認でき、完了すると自動的に停止する。停止後は、本体を外し、栓をつけたまま保存することで、開封から7日間はワインの酸化がほとんど進まない状態に保つことができるという。

   カーエアコンや車載用小型ポンプの技術を活用し、ボトル内をより早く真空状態にでき、また本体をよりコンパクト化することができたそうだ。

   カラーはシルバー、ワインレッド、ブラックの3色。

   価格はオープン。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中