「あー、それは大変ですね」NMB渡辺美優紀、スキャンダル指摘にとぼける

印刷

   大阪を拠点に活躍するNMB48が2014年9月8日、都内で記者発表会にのぞんだが、その後の囲み取材で、主要メンバーの「みるきー」こと渡辺美優紀さん(20)に、過去の「炎上」に関する質問が出て、渡辺さんが「それは大変ですね」などと苦笑いしながらはぐらかす一幕があった。

   質問は、14年3月に週刊文春が報じた「お泊まり」を念頭に置いているとみられるが、AKBグループの囲み取材で、過去に指摘された不祥事に関する質問が出るのはきわめて異例だ。

「アイドルは(カミソリは)使わないですね~」

「炎上」を指摘された渡辺美優紀さんは苦笑いしていた
「炎上」を指摘された渡辺美優紀さんは苦笑いしていた

   この日の発表会は、替え刃式カミソリで国内大手のフェザー安全剃刀(かみそり)がNMBのメンバーを3枚刃カミソリ「サムライエッジ」の広報大使に任命するという内容。

   囲み取材で、「アイドルは(カミソリは)使わないですね~」などと話す渡辺さんに、記者が

「お坊さんだと、頭をそるときにカミソリを使うらしい」

などと豆知識を披露した。メンバーが感心しながら

「バリカンとかじゃないんですか?」

と聞くと、記者が

「以前AKBにも、坊主にした人いましたけど…」

と逆に水を向けた。この「バリカン」「坊主」のやりとりで、峯岸みなみさん(21)が13年1月に週刊文春に「お泊まり愛」を指摘され、反省の意を示すためにロングヘアをバリカンで丸刈りにしたことが思い出されたのか、メンバーらは「あっ…」と気まずい雰囲気に。

「渡辺さんは、坊主になるようなことしてないですか?」

   記者が

「渡辺さんは、坊主になるようなことしてないですか?」
「半年前、炎上してましたけど?」

などとたたみかけると、渡辺さんは

「…はい、大丈夫です」
「あ、そうですか?あー、それは大変ですね」

などと苦笑いしながら話した。

   直後に関係者が

「(イベントに)関係ない質問なんで、関係のある質問にしてください!」

と割って入り、スキャンダルに関する質問は打ち切られた。

   渡辺さんをめぐっては、週刊文春の3月20日号で「医大生モデルとお泊まり」などと報じられたことがある。渡辺さんはこの件について沈黙を守っていたため、Google+(グーグルプラス)のコメント欄が釈明を求めるファンの声で炎上状態になったことが広く知られている。

   発表会では、新キャンペーンの内容も発表された。10月1日から15年3月31日にかけて、製品を購入した人3240人に公演チケットやオリジナルバスタオルが当たる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中