日本初!森下仁丹より0歳から摂れるビタミンD液状サプリメント『BabyD(ベビーディー)』新発売

印刷
ビタミンDを乳幼児でも手軽に摂取
ビタミンDを乳幼児でも手軽に摂取

   森下仁丹(大阪市中央区)は、近年懸念される乳幼児のビタミンD不足に注目し、0歳(生後1か月)からビタミンDを摂れる液状のサプリメント(栄養機能食品)『BabyD(ベビーディー)』を2014年9月からドラッグストアなどで販売している。

   ビタミンDは、腸管でカルシウムの吸収を促し、骨の形成をサポートする栄養素。このビタミンDを1滴に2.0μg配合し、1日目安1~2滴摂取するだけでお子さまでも手軽に栄養素を補うことができる。

   小児科医の声を聞き、乳幼児が安心して摂取できるように、香料、着色料、保存料などは一切使用していない。無味無臭の液体なので、いろいろな飲み物、食べ物に混ぜやすいのが特徴。価格は1800円(税抜)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中