憧れのCA制服に赤いジャケットも 羽田空港でJALのファッションショー

印刷

   空の日(9月20日)にちなんだイベント「空の日フェスティバル」が2014年9月27日、羽田空港で行われた。普段は見られない施設を見学できる「タワー展望室見学ツアー」「格納庫見学バスツアー」には多くの親子連れでにぎわい、国際線旅客ターミナルの「江戸舞台」では、日本航空(JAL)が恒例の客室乗務員(CA)の制服ファッションショーを開いた。

現在の制服は10代目

15種類の制服を着た客室乗務員(CA)が一堂に会した。中央がJEXの初代制服
15種類の制服を着た客室乗務員(CA)が一堂に会した。中央がJEXの初代制服

   現在の制服はJALとしては10代目で、13年6月から採用されている。ファッションショーでは現行制服以外に、JALの初代、2、4、5、6、7、9代目、旧JAS(日本エアシステム)の初代、2、3、5代目の制服が一堂に会した。

   これに加えて、10月1日にJALとの合併を控えている地域航空会社JALエクスプレス(JEX)の歴代制服も初めてお目見えした。JEXの初代、2代目の制服は赤いジャケットが特徴で、多くの利用客の目をひいていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中