2018年 7月 20日 (金)

「日本最大級」のメガソーラープロジェクト、瀬戸内でスタート

印刷

   くにうみアセットマネジメント、東洋エンジニアリング、GEエナジー・フィナンシャルサービスの3社が出資する特別目的会社(SPC)「瀬戸内Kirei未来創り合同会社」は、岡山県瀬戸内市の錦海塩田跡地に日本国内最大級となる発電出力231.44MWのメガソーラーを建設し、発電事業をおこなうと2014年9月29日、発表した。

  • 「日本最大級」のメガソーラーを設置
    「日本最大級」のメガソーラーを設置

再生可能エネルギーを活用した理想の地域作りに貢献

   11月に着工し、19年第2四半期に商業運転の開始を予定している。総事業費は約1100億円を見込む。発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取り制度により、中国電力が購入し、商業運転開始後の発電設備の運転・メンテナンスは、中電工が中心となっておこなう予定。

   プロジェクトの提案開発段階からの連合体の代表企業であるくにうみアセットマネジメント代表取締役社長 兼 最高経営責任者(CEO)の山﨑養世さんは「当社は他にも茨城県水戸市などの大規模太陽光発電や、宮崎県川南町などの木質バイオマス発電、青森県中泊町などの風力発電の企画開発や建設に取り組んでいます。私たちは、再生可能エネルギーを活用した理想の地域作りに貢献する企業でありたいと思っています」 と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中