「気持ちを伝える」チョコウエハース ブルボンが青学大との共同開発

印刷

   ブルボンは2014年10月7日、青山学院大学と共同開発したチョコレートウエハース「キャラメリー」を発売する。

  • 食べやすい一口サイズ
    食べやすい一口サイズ

ソフトで食べ応えがある

   12年に始まった同大学社学連携研究センターとの共同研究の中で企画された商品。学生モニターからの協力のもと「気持ちを伝える小さなプレゼントのようなお菓子」をコンセプトに開発された。

   ソフトタイプのキャラメルをウエハースでサンドし、ミルク風味のキャラメルチョコレートで包んだ。ひとくちサイズで食べやすく、「ソフトな食感でありながら食べ応えがある」。場所や時間を選ばず、手軽に楽しめるのが特長。

   発売に合わせて青学大の学生有志により学生食堂や購買会内で、企画商品「キャラメリー」の特設コーナーやTwitter、Facebookでの情報発信プロモーション活動が行われる。

   希望小売価格は120円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中