ダニアレルゲンが最も増える季節は秋 水フィルター掃除機でハウスダスト対策

印刷

   秋といえば気温が下がり過ごしやすい季節だが、実はダニアレルゲン(ダニの死がいやふんなどダニによるアレルギー症状の原因の総称)の数がピークを迎えるタイミングでもある。アレルギー体質の人は最も対策を強化すべき時期であるのに、あまりこの事実は知られていないようだ。

   清掃機器大手ドイツ・ケルヒャーの日本法人ケルヒャー ジャパンが実施したモニター調査でも、秋が最もダニの死がいが増える季節であることを「知らない」と答えたのは77%を占めた。

  • 水フィルター掃除機「DS 6.000」
    水フィルター掃除機「DS 6.000」

ぜんそくなどアレルギー症状の原因に

   アレルゲン対策としてケルヒャーが推奨するのは、排気がきれいな水フィルター掃除機「DS 6.000」(参考価格6万4778円、税込)の使用だ。吸い込んだゴミとホコリを水に閉じ込め、HEPAフィルター併用で0.3マイクロメートル以上の粒子を99.99%カットするという。

   調査会社のエフシージー総合研究所が同製品の試験を行い、一般住宅2軒の床6畳分を10分間掃除した。その結果、フィルター用の水から、ぜんそくやアトピー性皮膚炎の原因とされるヒョウダニが多く回収され、排気も空気中のカビをほとんど含まず「室内の空気よりもきれい」になっているのが確認された。

   エフシージー総合研究所の川上裕司さん(農学博士)は

「ダニは人間のアカや抜け落ちた髪の毛、食べ物のカスなどを餌に6~8 月に増殖し、8~9 月になると死がいがたまります。死がいは乾燥して微細粒子となり、ほこりと一緒に空中に飛散し、秋から初冬にかけてぜんそく発作などの原因となります。アレルゲンをしっかり吸引し、排気からアレルゲンを出さない掃除機で掃除することが大切です」

とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中