ソニー、7.1chサウンドバー「HT-ST5」発売 視聴スタイルに合わせて2つのモード選べる

印刷

   ソニーは2014年10月31日、7.1チャンネルのスピーカー構成で映画のリアルな臨場感を手軽に再現するサウンドバー「HT-ST5」を発売する。価格はオープンだが、市場推定価格(税別)は7万4000円前後。

60ミリ径の7つのスピーカーユニットを搭載

「HT-ST5」
「HT-ST5」

   テレビの前にバータイプのバースピーカー部を置き、好きな場所に付属のワイヤレスサブウーファーを置くだけで、迫力あるサラウンド音声が楽しめるホームシアターシステム。

   視聴スタイルに合わせてサラウンドのモードを切り替えられる機能を新たに搭載する。映画のリアルな臨場感を部屋の広範囲で再現できる「SURROUND 1」(ワイドモード)は家族とソファーでくつろいで視聴するときなどに向いており、特定位置で後方から飛び交う音の再現性をより高め、包み込むようなサラウンドが楽しめる「SURROUND 2」(フォーカスモード)は、1人で集中して視聴する際に適している。

   バースピーカー部には7つの60ミリ径スピーカーユニットを搭載し、幅広い音域で迫力ある音の広がりを豊かに表現。7.1チャンネルサラウンドの定位感を再現するバーチャルサラウンド技術に、複数のスピーカーで広範囲に音の広がりを制御する波面制御技術を採用することで、部屋の形状に関わらず広範囲で包み込まれるようなサラウンドの再現を可能とした。

   BluetoothやNFC(近距離無線通信)に対応し、スマートフォンなどの音楽再生も楽しめる。

   サイズは、バースピーカー部が幅1030×高さ120×奥行き120(スタンド装着時)、サブウーファー部が幅242×高さ355×奥行き407ミリ。重量はそれぞれ6.1キロ、11キロ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中