2020年 7月 10日 (金)

いかに迷わず正しく選択できるか? 「自分のモノサシ」づくりに役立つ3冊

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   10月からスタートしたバカリズム脚本の関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「素敵な選TAXI」の視聴率が好調だ。1話完結で、タクシードライバーの竹野内豊が毎回登場する豪華ゲストの客に、過去に戻って「選択」のやり直しのチャンスを与えるストーリー。

   現実はドラマのようにやり直しができない。「選ぶ」という局面で迷わずうろたえることがないよう、「選択」をテーマにしたこんな本はいかが?

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

  • 新型出生前診断と「命の選択」
    新型出生前診断と「命の選択」
  • 決断の速い人が使っている 戦略決定フレームワーク45
    決断の速い人が使っている 戦略決定フレームワーク45
  • お金が貯まるのは、どっち! ?
    お金が貯まるのは、どっち! ?
  • 新型出生前診断と「命の選択」
  • 決断の速い人が使っている 戦略決定フレームワーク45
  • お金が貯まるのは、どっち! ?

遺伝子検査受ける?受けない? 他人事ではない「命の選択」

   オニ嫁が実家に帰っている間にほっと一息、の「命のせんたく」なら「たいへんだね、あなたも」と笑い話ですんでしまう。でも軽くすまされないのが「新型出生前診断」。妊婦の血液から胎児の染色体異常を事前に発見できるというものだ。結果を受けて中絶を選ぶことも可能で、いわば親が子の「命の選択」に 関わる。うちの子は大丈夫と楽観的に検査を受けてみたら、重い結果を生んだというケースもある。本書『新型出生前診断と「命の選択」』(著・香山リカ、祥伝社、842円)は、こういった医学の進歩に、心のケアや倫理が取り残されていないか、現状と課題を精神科医の立場で書いたものだ。

   米俳優ブラッド・ピットさんの妻、米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、遺伝子検査を受け乳がん予防のため乳房の切除・再建手術を受けたのは、記憶に新しい。遺伝子検査は、セレブや子供を望む夫婦だけではなく誰でも受けられるようになってきた、他人事ではないと著者は言う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!