オーディオ×間接照明のヤマハ「Relit」シリーズに新モデル、360度広がりのあるサウンドを実現

印刷

   ヤマハは、Bluetooth対応オーディオと間接照明が一体になったライティングオーディオシステム「Relit(レリット)」シリーズから「LSX-70」「LSX-170」の2モデルを、それぞれ2014年11月中旬、12月上旬に全国発売する。

   本体価格は、コンパクトな筒状フォルムで充電式バッテリー内蔵モデルの「LSX-70」が4万5000円(税別)、ソリッドな円錐台デザインで据え置きモデルの「LSX-170」が6万円(同)。

  • LSX-70(左)、LSX-170
    LSX-70(左)、LSX-170
  • LSX-70(サンライトゴールド)
    LSX-70(サンライトゴールド)
  • LSX-70(ダスクブロンズ)
    LSX-70(ダスクブロンズ)
  • LSX-70(ナイトブラック)
    LSX-70(ナイトブラック)
  • LSX-170(サンライトゴールド)
    LSX-170(サンライトゴールド)
  • LSX-170(ダスクブロンズ)
    LSX-170(ダスクブロンズ)
  • LSX-170(ナイトブラック)
    LSX-170(ナイトブラック)
  • LSX-70(サンライトゴールド)の設置イメージ
    LSX-70(サンライトゴールド)の設置イメージ
  • LSX-170(ダスクブロンズ)の設置イメージ
    LSX-170(ダスクブロンズ)の設置イメージ

明るさ調節、タイマー設定が可能なLEDライト

   2モデルとも、スピーカーユニットの反射板により、360度広がりのあるサウンドを実現。圧縮音源に低音域の量感や高音域の伸びをプラスする独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」や、小音量での再生時にも豊かで安定したサウンドをもたらす「ラウドネスコントロール」を搭載する。

   「LSX-70」では、上下対向に配置した40ミリ径ツィーター、55ミリ径ウーファーによる立体感のある音場と、独自の低域補強技術「Extra Bass(エクストラベース)」による豊かな低音が楽しめる。「LSX-170」では、30ミリ径のソフトドームツィーターによるしなやかな高域と、強力マグネット搭載の90ミリ径ウーファーによる力強い低域により、やわらかくもスケール感のある音質を実現した。

   LEDライトは、「LSX-70」で5段階、「LSX-170」で10段階の明るさ調節が可能。専用アプリ「DTA CONTROLLER」との連携で使用できる「スマートタイマー」を備え、設定した時間に合わせてライトと音楽のオン/オフが自動で行われる。

   カラーはいずれも、サンライトゴールド、ダスクブロンズ、ナイトブラックの3種類。本体サイズは、「LSX-70」が幅94×高さ241×奥行き94ミリ、「LSX-170」が幅271×高さ290×奥行き271ミリ。重量は、「LSX-70」が0.95キロ、「LSX-170」が3.3キロ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中