結婚する前に「卒アル写真」チェックすべし! ある特徴で離婚率に5倍の差

印刷

   アッキーナことタレントの南明奈さんの中学・高校の卒業アルバムの写真が本人の知らないところで公開され、現在との違いが一部で取りざたされた。卒アル当時との違いは、年齢などにもより人さまざまだが、だれもが思わずそれを見返したくなるような研究がアメリカで話題になっている。

   その研究とは、インディアナ州にあるデポー大学の心理学者、マシュー・ハーテンステイン氏が発表した「卒アル写真で将来の離婚率がわかる」というもの。20代から80代にわたる同大学の卒業生650人以上の卒業アルバム写真を集め、心理学の基準で「ある特徴」を測定し、点数化したのだ。

  • 卒アル写真で将来はわかる
    卒アル写真で将来はわかる

卒アル写真の650人超を追跡調査

   それは「笑顔の度合い」。

   ハーテンステイン氏は、口角の上がり方、目じりのシワなどから、その人がどれだけ笑っているかを測定した。そして彼らが今、どんな生活をしているのか、連絡をとって聞き取り調査を行った。

   すると、満面の笑みを浮かべていた人に比べて、それほど笑っていなかった人の離婚率は5倍にのぼることが明らかなになったのだ。

   20代前半に撮影した、たった1枚の写真で、数十年後の結婚生活が予知できてしまうという研究結果は注目を浴び、ウォールストリート・ジャーナル紙やテレビネットワークのフォックスニュースなど、さまざまなメディアで紹介された。

写真で笑顔の人はより前向きに感情をコントロール

「一瞬の写真で数十年後の人生がわかる理由はいろいろ考えられるでしょう。妥当な解釈としては、写真で笑っている人たちは、より前向きに感情をコントロールできて、より幅広く社会や人とつながりを持てるから、と考えられます。もちろんこれは占いではなく統計的な問題なので、個人差はありますが、それでも、一般的に写真でよく笑っている人は、結婚生活が順調で長生きする傾向が見てとれるのです」(ハーテンステイン氏)

   卒アル写真の実験をはじめ、同氏は「わずかな外見の手がかりから将来を見抜く」というテーマを研究している。新著『卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学』(文藝春秋)には、「顔の左右対称性」とモテる男の関係、「ウエストとヒップの比率」とモテる女性の関係、「顔の幅の広さ」と儲かる社長の関係など、驚きの事実がてんこ盛りだ。「外見の手がかり」を正確に観察できるようになれば、あなたも将来を予知する力がぐっとパワーアップするかも!?

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学』は1500円で、2014年10月25日発売。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中