Gunosy「5000万人都市構想」立ち上げ 実生活の行動基点に

印刷

   ニュースキュレーションアプリを提供するGunosy(グノシー)は2014年11月11日、都内で開かれた第1回事業戦略発表会で、新サービス「Gunosy Platform」と、提携モデル「G Development」を発表した。

  • 第1回事業戦略発表会の様子
    第1回事業戦略発表会の様子

11企業14サービスが参加

   最高経営責任者(CEO)の福島良典氏は5000万人をユーザー目標として掲げ、新コンセプト「5000万人都市構想」をぶち上げた。「スマホ・ポータル」をただの情報が集まる場ではなく、実生活の行動基点として再定義。これまで提供してきたニュースなどに加えて、アプリ内で提携パートナー企業のサービスを利用できるようにする。第1弾としてau(KDDI)、DeNA、グルーポン・ジャパン、リブセンスなど11企業14サービスの参加が決定した。

   発表会で行われたゲストによるセッションで、ジャーナリストで作家の佐々木俊尚さんは、「Gunosy5000万人都市化構想発表に『そうきたか』と圧倒された。今回の件で、メディアのイノベーションを感じた」と評価した。

   「DeNAトラベル」を提供するエアーリンクの土屋益雄・マーケティング本部長は、「旅行の探し方に課題感を感じていたので、何かしらのソリューションを提供したいという考え方にマッチした」、リブセンスの中島真・取締役経営企画部長は「一緒に模索していけるようなパートナーシップが組める点に魅力を感じた」と、それぞれパートナー参加の理由を語った。

   新サービスは12月以降、「グノシー」アプリ上で順次提供を開始する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中