"本物"のサンタ・パラダイス山元さん、唯一のサンタ公認菓子持ち編集部に

印刷

   日本はおろかアジア圏でもただ一人の「公認サンタクロース」、音楽家のパラダイス山元さんが2014年11月13日、これまた日本で唯一の「サンタ公認」菓子である江崎グリコの「ビスコ」をプレゼントに、東京都千代田区のJ-CASTニュース編集部を訪れた。グリコは11日に、パッケージにメッセージを書き込めるようにするなどしたクリスマス仕様の「ビスコ」を発売した。

  • ビスコ持ってポーズ
    ビスコ持ってポーズ
  • 編集部のフロアに到着
    編集部のフロアに到着
  • 担当者に来訪告げる
    担当者に来訪告げる
  • 迎えの担当者にさっそくビスコ
    迎えの担当者にさっそくビスコ
  • 編集部に入りプレゼントかかげ…
    編集部に入りプレゼントかかげ…
  • もてもて…
    もてもて…
  • ありがとうございました
    ありがとうございました

グリコ「ビスコ」クリスマス限定バージョン発売

   ホッ、ホッ、ホーッと声をあげながらベルを鳴らし、サンタクロースの衣装を着た山元さんはのっしのっしと編集部のなかを進み、居合わせた部員一人ひとりにビスコを手渡す。同編集部は初の訪問だが、もう15年以上もサンタクロースとしての活動を続けており、今年も忙しくなる時期を迎えている。

   山元さんは1998年にグリーンランド国際サンタクロース協会からライセンスを受けた世界に約120人いる「公認サンタ」の一人で、アジア圏では山元さんだけ。「くつしたを下げて待つだけではない、本当のクリスマスを伝えたい」という。

   公認サンタたちは毎年、デンマークのコペンハーゲンで会議を開催しており、山元さんは毎回、日本からお菓子を持参。13年に初めて「ビスコ」を振る舞ったところ、世界のサンタに大好評だった。そのことがニュースとして世界に発信されたのをきっかけにグリコが"スポンサー"を申し出て「サンタ公認」の菓子となったものだ。

   「ビスコ」は発売から80年以上がたっており、キャラメルと並ぶグリコの代名詞ともいえる製品。3種のビタミンや乳酸菌が入ったオリジナルのほか、小麦胚芽入りなどがあり、おいしさと品質で知られる。

   クリスマス限定品として、"どうもありがとう"や"おつかれさまです"などのメッセージが入った「ビスコミニパック」や、パッケージの裏面にカードのように書き込みスペースを設けた箱入りタイプを販売している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中