ダイワボウ情報システムとレノボ、SIMロックフリーのタブレット3モデル順次発売

印刷

   パソコン関連のマルチベンダーであるダイワボウ情報システム(大阪市)と、レノボ・ジャパン(東京都千代田区)が協業し、SIMロックフリーによる高速LTEデータ通信対応のタブレット「YOGA Tablet 2(ヨガ タブレット ツー)」を2014年12月初旬より順次発売する。

  • 3つのラインアップ
    3つのラインアップ

利用シーンに合わせ4つのモードに「変化」

   従来型のブレード状のタブレットは片手で持つにはやや重く、膝やデスクの上に置くと、見やすい角度に調節することが難しかった。そこで本体裏面にフラップ状のスタンドを装備。片手持ちやデスクでのキータイピングなど、利用シーンに合わせ「ホールド」「チルト」「スタンド」「ハング」の4つのモードで使用できる。

   受信速度最大150Mbpsの高速LTE通信と、FOMA(フォーマ)プラスエリアに両対応し、広いエリアや建物内での快適なデータ通信を可能にした。ダイワボウ情報システムと提携しているMVNO業者提供の高速データ通信用SIMカードを同梱したモデルは12月末に発売予定。

   ラインアップは、OSにAndroid4.4を搭載した8型モデルの「830L」、同10型モデルの「1050L」、そしてWindows8.1 with Bingを搭載した「1051L」の3つとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中