「イオンタブレット」も 月額3866円でLTE通信を3GB分 スマホに続く「イオンモバイル」シリーズ

印刷

   イオンは2014年12月中旬から、「イオンモバイル」シリーズとして、マウスコンピューターと協働したイオンオリジナルモデルのタブレット端末の販売を開始する。現在予約受付中。

  • イオンスマホの波に乗れるか
    イオンスマホの波に乗れるか

24時間365日の電話サポートも付属

イオンスマホの波に乗れるか
イオンスマホの波に乗れるか

   マウスコンピューターの「AT-Z37LTE10」というキーボード付き10.1型タブレットが、毎月3GBまでLTE通信できるSIMカードとセットで手に入るプラン。月額利用料は端末代も合わせて3866円(税込み)となっている。

   「AT-Z37LTE10」は6万9465円(税込み)で端末のみの購入も可能。

   購入版は「Microsoft office Home&Business2013」が付属しているものの、OSは廉価版の「Windows8.1 with Bing」、ストレージは64GBのフラッシュメモリ、CPUは「Atom Z3735F 1.33GHz クアッドコア」、メモリは2GBと、タブレットとしてはエントリークラスのスペックなため、SIMカードとのセットではじめてお得な製品と言えるかもしれない。

   また、月額利用の契約をするとマウスコンピューターによる24時間365日対応してくれる電話サポートを利用することも可能。

   総合スーパー「イオン」の店頭で予約・購入できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中